海外挙式について

0f5cec34d943d1d03923aec1a38cadb5_s

海外挙式について

海外挙式をのパターンを大きく分けると、二人だけで海外へ行き式を挙げる、二人で海外挙式をし、帰国後友人も集めて、披露宴をする、親族や身近な人と海外へ行き内輪の式を挙げるの3パターンです。 海外の本物の教会での結婚式は独特の雰囲気があり最高の舞台となるでしょう。親しい人以外は呼ぶ必要もなく、それほど費用がかかりません。来てほしい人の中に年配者がいる場合は海外まできてもらうのが難しい場合もあるかもしれません。よく考えて決めましょう。

海外挙式のプランを提案している会社は数多くあるので、数社比較して信頼できるところを選びましょう。 海外挙式で一番人気があるのは、ハワイです。それに次いでグアム・サイパン、オーストラリア・ニュージーランドなど南の島が多くなっています。ハワイは日本語が通じること、日本人でも挙式できる教会が多くあるという理由から人気があります。挙式費用の相場は、20~40万円(含衣装代)となっています。日数や季節、費用をふたりで相談して決めましょう。

海外挙式の種類

ブレッシングウエディング

戸籍上夫婦となってから行う海外挙式です。リゾート地などはブレッシングウエディング以外は受け付けない場所もあるので、あらかじめ調べておきましょう。

リーガルウエディング

現地の台帳にも記載され、法的にも効力を持つ海外挙式です。婚姻届と一緒に結婚証明書の和訳を提出すれば、戸籍にも記載されます。しかし手続きはかなり複雑なので、手配会社に確認しましょう。

人気エリア

ハワイ

挙式場、プランなどの種類が豊富。年間を通して温暖な気候、日本人の受け入れ態勢も整っており、海外が初めてな招待客も安心です。

グアム・サイパン

日本からわずか3時間で行けるグアム・サイパン。年間を通して温暖な気候。ただし8月潤オ10月は台風に注意しましょう。ショッピング施設なども充実しています。

オーストラリア・ニュージーランド

雄大な大自然の中行える挙式は魅力的。イギリス文化が残る町並みや教会があり、美しい景観が楽しめます。年間を通して暖かく日差しが強い。

アメリカ・カナダ

ラスベガスでのオープンカーに乗ったままの挙式や、カナダの湖のほとりで行う挙式などバリエーションが豊富。日本人受け入れ態勢も整っているので安心です。

ヨーロッパ

歴史と伝統が色濃く残る町並みが魅力。由緒ある教会、有名な古城・宮殿での挙式はロマンチック。2つ以上の都市を巡るツアーを挙式に組み込むプランなどもあります。

その他

ヨーロッパに来たかと錯覚するような町並みの上海、南国のタヒチ・バリ・フィジー・カリブなども人気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る