地域で異なる結婚行事 ~結納編~

b583e26d8c8d1790837857550fa3e068_s

地域で異なる結婚行事 ~結納編~

婚約の儀式として行われる結納。
大きな流れは一緒でも細かな部分が地方によって意外と異なってたりしますよね。
今回は全国の結納をざっと比較してみました♪

※地方の中でも更に異なる風習があり、当てはまらない場合もあります。
※記載している結納金はあくまで目安です。

北海道地方

結納品: 9品目(長熨斗、末広、御帯料、結美和、寿留女、子生婦、友白髪、勝男節、家内喜多留)、または略式の7品目(9品目から勝男節、家内喜多留を除いた品)と目録。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 男性側より一段控え目の結納品を用意する、または記念の品物。
特徴: 吉日に男性側(両親と本人)が女性宅を訪問して行う。仲人を立てる事は少なく、お土産も持参しない。

東北地方

結納品: 9品目(長熨斗、末広、御帯料、結美和、寿留女、子生婦、友白髪、勝男節、家内喜多留)、または略式の7品目(9品目から勝男節、家内喜多留を除いた品)と目録。宮城県は男性側に貰受状、女性側に進参状が加わる。
結納金: 100万円程度(但し地域によって異なる)。
結納返し: 結納金(御帯料)の半額を「御袴料」として。現在ではお返しを省略したり、結納金から前もって 差し引いておくという方法もとられている。
特徴: 両家が同格の結納品を用意し、使者(仲人)が両家を往復して『お互いに取り交わす』形が正式。現在はホテルやレストランで一堂に会して行う事が多い。

関東地方

結納品: 9品目(長熨斗、末広、御帯料、結美和、寿留女、子生婦、友白髪、勝男節、家内喜多留)、または略式の7品目(9品目から勝男節、家内喜多留を除いた品)と目録。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 結納金(御帯料)の半額を「御袴料」として。現在ではお返しを省略したり、結納金から前もって 差し引いておくという方法もとられている。
特徴: 両家が同格の結納品を用意し、使者(仲人)が両家を往復して『お互いに取り交わす』形が正式。現在はホテルやレストランで一堂に会して行う事が多い。

東海・中部地方

結納品: 7品目(長熨斗、末広、小袖料、寿留女、子生婦、友白髪、家内喜多留)を基本に、他の品(結美和、高砂、宝入船、目出鯛など)を加えたりと、人により多種多様。これに目録をつける。三重県では「迎え傘・迎え下駄」という風習がある。
結納金: 100万円が多いが、地域や家により150万や200万の場合も。
結納返し: 後日「荷物送り」の日に小袖料の1割程度を「御袴料」として。男性側から頂いた結納品を、 包みを改めて返す「色替え」などもある。
特徴: 仲人と男性側が女性宅へ結納品を持参。結納品の他に、女性側の家族一人一人にお土産を持参する。

北陸地方

結納品: 石川県は9品目(熨斗、結納金、家内喜多留、寿留女、子生婦、友白髪、末広、結美和、目録)など。 この他に御神前、御仏前として神様仏様に贈り物をする習わしがある。
福井県は7品目(納幣熨斗、末広、御帯料、家内喜多留、寿留女、子生婦、友白髪)と目録など。
優美和や福地(服地)、御仏前などを加える場合もある。
富山県は5~13品目(目録、長熨斗、御結納金、御酒肴料、御化粧料、結美和、寿留女、友白髪、末広、子生婦、家内喜多留、御神前、御仏前)など。
結納金: 100~150万円。
結納返し: 後日、「道具運び」の日や挙式当日に「御袴料」として半返し、または品物など。
特徴: 仲人と男性側が女性宅へ結納品を持参。3県とも、女性側の家族や親類へのお土産も持参する。富山では互いに饅頭を贈りあう習慣がある。

関西地方

結納品: 5品目(小袖料、清酒料、松魚料、熨斗、末広)と目録が基本で、これに結美和、高砂人形を加えた7品目、更に寿留女、子生婦を加えた9品目が一般的。一品ずつ白木台にのせるのが正式。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 結納金の1割程度の金品。
特徴: 使者(仲人)が、男性側から預かった結納品を女性側に納め、受書を受け取って男性側に渡す。

中国地方

結納品: 5品目(小袖料、清酒料、松魚料、熨斗、末広)と目録が基本で、これに結美和、高砂人形を加えた7品目、更に寿留女、子生婦を加えた9品目が一般的。更に島根では「八木(はちもく)料」、山口では「百飛喜(ひゃっぴき)」を加える風習がある。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 荷物送りの日や挙式当日などに結納金の1割程度の金品。
特徴: 仲人と双方の両親、本人達で、女性宅やホテル、レストランで行う。

四国地方

結納品: 9品目(熨斗、末広、御帯料、結美和、寿留女、子生婦、友白髪、勝男節、家内喜多留)、または7品目(9品目から勝男節、家内喜多留を除いた品)と目録のセットが多数。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 荷物送りの日などに受書と記念の品。
特徴: 女性宅またはホテルやレストランを行われる事が多い。お土産を持参する習慣はない。

九州地方

結納品: 11品目(熨斗、末広、小袖料、結美和、寿留女、子生婦、御知家、御松魚、家内喜多留、御栄名、御高砂)、または9品目(11品目から御高砂、御松魚を除いた品)と目録のセットが多数。
結納金: 50万~100万円。
結納返し: 結納会返しの風習がない地域もあったが、現在は品物を返すのが一般的。受書を渡す地域もある。
特徴: 女性宅またはホテルやレストランを行われる事が多い。お土産を持参する習慣はない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る