ドラジェとは

  • ドラジェとは はコメントを受け付けていません。
bb00c1a97241b7fc470a62d7fd185728_s

結婚式に来てくれたゲストに渡すプチギフトの定番アイテムのドラジェ。ドラジェとはアーモンドに砂糖ペーストやチョコレートをコーディングしたお菓子で、ドラジェの歴史は古く、紀元前177年ローマの貴族ファビウス家に子供が生まれ、町中の人々に御祝いとしてドラジェを配ったのがと言われています。イタリアで発祥したドラジェですが、ドラジェという言葉はフランス語です。ちなみに英語ではシュガーアーモンド、イタリア語ではコンフェッティといいます。今では結婚式に欠かせないアイテムとなりつつあるドラジェにはどんな意味があるのでしょうか。

ドラジェに込められる意味

もともとヨーロッパでは結婚式や誕生日などのお祝い事の日に配られる習慣があり、たくさんの実をつけるアーモンドは子孫繁栄の象徴とされています。ドラジェを配る時にはチュールに5つ包んで配るのがポピュラーです。5つのドラジェにはそれぞれ意味があり、それぞれ「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」を表します。ドラジェと一緒にドラジェの起源や意味を書いたカードなどをいれても良いでしょう。

どこで売ってる?

ドラジェはもちろんホテルや式場でも売っていますし、最近ではケーキショップや洋菓子店などでも目にします。また、作り方も簡単なので手作りしても良いでしょう。作り方は簡単で、グラニュー糖を水に溶かし、好みの食用色素をまぜ、そこにアーモンドをくぐらせるだけです。チュールなども手作りしても良いですね。

Amazon ドラジェ売り場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る