結婚式のスピーチ・挨拶

  • 結婚式のスピーチ・挨拶 はコメントを受け付けていません。
481c82be4c138ecedc067aa64718723e_s

結婚式のスピーチ・挨拶

結婚式でスピーチを頼まれると、大勢の前でスピーチしなければならないので慣れていない人は緊張します。
まず、緊張をなるべくしなくて良いように準備をしっかりしておきましょう。

結婚式スピーチの準備と注意点

年齢や身体的特徴にふれないようにしましょう

例えば「太っている」などの言葉を「健康的」と上手に言い換えてもスピーチにはふさわしくありません。普段普通に話しているような事でも、晴れの場では控えましょう。

再婚者の場合は、そのことにふれないようにしましょう

それぞれに事情があって今に至っているのですから、どんなに昔のことだとしてもそこは触れないようにしましょう。ご本人だけでなく、両家のご両親に対してもふさわしい内容ではありません。

収入や学歴・出産に関する話題は避けましょう

特に子供については、つい「早く可愛い赤ちゃんを」と話してしまいがちですが、新郎新婦やご両親にとってタブーな話題である場合もありますので気をつけましょう。

縁起の悪い言葉は、使わないようにしましょう

「切る」「切れる」「分ける」「分かれる」「別れる」「出る」「去る」「終わる」「閉じる」「戻る」「落ちる」「落とす」「下げる」「最後」「離れる」「滅びる」「壊れる」等の「忌み言葉」は結婚式では禁句です。また、「重ね重ね」「くれぐれも」「しばしば」と言った重ね言葉にも気をつけましょう。

世代にかかわらず理解できる内容にしましょう

専門用語や難しい言葉を使わず、やさしい言葉で話すように心がけましょう。

スピーチの内容を、メモで用意しておきましょう

その人ならではのエピソードは喜ばれます。ただし、新郎新婦にとってマイナスになるようなエピソードや、単なる暴露話はやめましょう。

声を出して実際に何度もリハーサルをしておきましょう

実際に話してみたら短かった、長かった、という事のないよう、事前にリハーサルしておきましょう。
緊張して上手に喋れないという事もありますので、原稿を作っていくとよいでしょう。

スピーチの時間は短く

だいたいの目安は、3~5分とされています。どんな良い感動するスピーチだとしても長ければ周りも飽きます。 普段なかなか言えないこんな時こそ!っと言う気持ちも分かりますがその気持ちを少し抑えて自分ではちょっと短めかなぁーっと思うくらいがちょうど良い時間です。あまりにも長いスピーチですと結婚式場によっては、段取りや次の結婚式を行う方の迷惑になる事も有りますのでご注意下さい。

ことわざや格言は、意味を調べて使用する

普段使っていることわざでも実際意味が違っていたりします。うっかり使ってそれが、お祝い事に向かない言葉だと大変なことになりますので、使用する際は前もって調べて使用しましょう。

花に注意

よく花嫁を花にたとえることがありますが、花言葉によってはあまり良くないものもあります。 「ひまわり」などは、その例にあてはまります。(ひまわりの花言葉には「高慢」があります。)とはいえ、実は花言葉も色々とあり「ひまわり」でも「愛慕」「憧れ」等と言う良い意味があるものもあるので、使い方によっては いいかもしれないのですが。(実際「ひまわり」は時期によっては花嫁の花飾りとして使われることもあるのです。)もし、どうしても使いたい場合は、上手く花言葉の意味を添えるか「花のようにキレイな○○○さん」と言うぐらいに抑えた方が良いですね。

親や肩書き等は言わない

特に新郎新婦の家柄が良い場合や医者等の権威のありそうな仕事についている場合に、そのようなことを言う人もいますが、「新郎新婦」はそんなことは関係がないはずです。 そんなこと言うのは、ただ子供じみた自慢にしか見えないのでみっともないですし、本人達も嫌がることが多いのでやめましょう。

相手の立場を考える

近年は「再婚」と言うのは珍しくなくなっています。しかし、スピーチなどで「再婚」というキーワードを使うのは考えものです。 例え上手い具合に「今度の結婚では・・・・」等と言っても同じ事をいっているのと変わらないので注意しましょう。 また若い夫婦での「若い」と言う言葉の連発や、新郎より年上の新婦に関しての「姉さん女房」等といった発言も、相手が気にしたり傷付いたりするので注意が必要です。

できちゃった婚」には注意

最近増えている「できちゃった婚」ですが、スピーチする人間は新婦の妊娠を知っていても他の出席者が知っているとは限りません。 新郎新婦に予め確認の上でスピーチに入れる場合は良いのですが、それ以外の場合は新郎新婦が発表しない限りは言わないほうが良いでしょう。

新婦を旧姓で呼ばない

夫婦別姓等という場合もありますが、新婦は既に新郎の家に嫁いでいるので名前で呼ぶ場合が良いでしょう。 婿入りした場合の新郎も同様なことがいえます。
流行語、俗語、なれなれしい友達言葉、横文字や専門用語もほどほどに
結婚式は、あくまで色々な方が出席している場所です。 多少の流行語は許してくれることも多いかと思いますが、訳のわからない横文字や専門用語は、 新郎新婦及び出席者の中には関係しない人やご年配もいることがありますので、その人達には意味が伝わらずスピーチする人の自己満足にしか過ぎないですので、使用しないほうが無難でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る