結婚式の服装

bd46c0d0686f9d849f1a44f3cdecaa48_s

結婚式の服装

結婚式の服装について、略礼装には、特に決まりはありませが、結婚式の服装として、普段着や、行き過ぎたファッションはやめましょう。結婚式の服装として平服は、意外とややこしいものです。結婚式の服装は、昼間と夜で区別することが、結婚式のようなフォーマルな席では、大切なポイントです。結婚式で「昼間」とは、正午から午後5時ごろまでを指します。女性の場合、白は花嫁の色なので必ず避けましょう。また仏事を連想させるデザインであれば黒服も失礼になりますので注意しましょう。

男性の服装

媒酌人の場合

洋服ならモーニング、和服なら五つ紋付きの羽織はかまが一般的な正装です。もし、新郎が略式の場合、媒酌人はブラックスーツかダークスーツといった略装で披露宴に出席するようにします。

父親の場合

モーニングか紋付き羽織はかまが一般的な礼装となります。洋装の場合、父親はブートニアをつけますが、新郎と同じ白い花は避けるようにします。

招待客の場合・正装

一般的にはモーニングが正装です。しかし、未婚者や結婚式に出席しない場合はブラックスーツやダークスーツでも構わないとされています。和服にするのなら、紋付き羽織はかまが正装となります。

招待客の場合・略装

新郎が略装の場合は招待客も略装にします。略装はダークスーツにワイシャツ、靴は黒、靴下は黒か濃色にします。略装でも胸ポケットの白ハンカチは必須です。普段のスーツでもクリーニング仕立てのスーツで行くのは当然のマナーとなります。

女性の服装【和装】

媒酌人婦人・母親の場合

五つ紋付きの黒留め袖を着用します。あくまで新郎・新婦よりも控えめを意識します。

身内の場合

親族の女性は新郎新婦の母親や媒酌人に準じて黒留袖か色留袖にするのが正式です。兄弟姉妹、いとこや甥、姪の結婚式なら黒留袖でも色留袖でも構いません。

招待客の場合・既婚者の場合

一般招待客も既婚女性の場合も黒留袖か色留袖にするのが正式です。

招待客の場合・未婚者の場合

花嫁より控えめな大振袖か中振袖にするのが一般的です。ただ花嫁が和服にする場合は大振袖になりますので、大振袖を選ぶときは花嫁より派手にならないか十分に注意が必要です。ただし、振袖を着るのは17歳から26歳くらいまでというのが一般的なマナーとなっていますので、それ以上の年齢の方は訪問着を着るのがマナーにはかなっています。

女性の服装【洋装】

媒酌人婦人・母親の場合

昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスを着用するのが正式です。昼と夜の区別は披露宴が16時前に始まるか後に始まるかによります。

招待客の場合・昼の披露宴の場合

昼間の披露宴では、未婚既婚を問わずアフタヌーンドレスが正式となります。既婚者はミセスらしく上品な感じのワンピースかアンサンブルにします。未婚者のアフタヌーンドレスの場合、光沢のあるものや豪華な装いは避けるようにします。基本的には無地が正式なマナーです。色に関しては黒と花嫁の色である白は避けるようにしましょう。また花嫁のお色直しのドレスの色をあらかじめ聞いておき、同じ色を着ないようにするのもマナーです。

招待客の場合・夜の披露宴の場合

イブニングドレスかカクテルドレスになります。イブニングドレスの方がよりフォーマルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る