結婚式当日の心得

203cc4673ef2b2857feee0f5f7ab4fca_s

結婚式当日の心得

当日は必ず家を出る前に家族にあいさつをしましょう。挙式当日は、朝からあわただしくて家族と話をする時間がなかなかないかもしれません。それでも簡単でもよいので、あらためて感謝の言葉を伝えて挙式を迎えましょう。

また、朝食は少しでもいいので食べましょう。何も食べないと急に気分が悪くなったり、体に力が入らなかったりします。新婦は、体をしめつけない下着を身に付けるといいでしょう。緊張から気分が悪くなったり、疲れてしまわないように気をつけましょう。

会場には早めに到着し、係の人にのあいさつをしておきましょう。新婦は着付けなどにに時間がかかるので、式の始まる3~2時間前には会場入りするのが一般的です。
新郎も2~1l時間 前には到着するようにして係りの指示に従いましょう。会場に入ったら、美容師や係の人にあいさつをし、指示に従いましょう。着付室に入る前には、必ずトイレを済ませておきましょう。

和装の場合、帯やかつらなど慣れないものを身に付けるので、苦しいときは我慢せずゆるめてもらいましょう。控室ではあいさつや簡単な挙式リハーサルも行ないます。
ヘアメイクや着付けが終わったら、親族控室に移り、媒酌人や来賓、親族などにあいさつをします。

image08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る