結婚式の二次会の準備

  • 結婚式の二次会の準備 はコメントを受け付けていません。
3b03fb972b46421b4aa78a46b0c6dc92_s

結婚式の二次会の準備

二次会の準備は3ヶ月前には始めましょう。

3ヶ月前

ゲストのリストアップ

友人、職場、家族や親族は呼ぶのかなどを考えて、ゲストをリストアップします。仕事の都合などでどうしても参加できない人や、当日ドタキャンする人もいるので、少し少なめになることを予想しておきましょう。

会費・予算を決める

会費を設定して、それに合わせた予算を考えましょう。一般的には男性より女性の方の会費を安くします。幹事をお願いした人には会費をなしにする、もしくは後日お礼の品を渡しましょう。

どんなスタイルの二次会にするか考える

ゲームなどでわいわい盛り上がるパーティーにするのか落ち着いて話ができるようなパーティにするのかスタイルを決めます。

幹事さんを決め、依頼する

二次会を仕切る幹事さんを決めます。準備段階からプランニング、会場との打ち合わせ、など一通り全てをお願いします。しかし一人に全てを任せるわけにはいかないので2~3人にはお願いして手伝ってもらうようにしましょう。幹事は相当忙しくなるので親しい友人に頼むのがいいでしょう。一般的には新郎新婦からひとりずつお願いして二人で取り仕切ってもらったり、共通の友人、またはどちらか一方の友人にお願いすることが多いようです。

会場を選ぶ

予算や人数を考慮し、二次会のスタイルに合った会場を選びます。披露宴会場からの交通の便など融通がきくかなどに注意して、できれば幹事の人と一緒に下見に行きましょう。

2ヶ月前

幹事さんと打ち合わせ

新郎新婦と幹事さんで打ち合わせを重ねます。新郎側と新婦側の両方に幹事をお願いする場合は、顔合わせをしっかりしておいて、幹事同士が連絡をとりやすくしておきましょう。直前にドタバタしないように入念に打ち合わせはしましょう。

二次会の案内作成と送付

二次会の招待に関しては、最近ではメールで伝えることも多いようですが、大抵の人は招待状を送っています。招待状の発送や出欠の管理は、新郎新婦か幹事が行います。

1ヶ月前

直前にドタバタしないようにしっかり準備しておきましょう。
・当日のプログラムと台本を作成する
・ゲストの出欠確認と名簿作成
・会場に人数を連絡する
・必要なものを揃える
・当日の段取り、役割を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る