スピーチ・余興の依頼

  • スピーチ・余興の依頼 はコメントを受け付けていません
481c82be4c138ecedc067aa64718723e_s

スピーチ・余興の依頼

順番と持ち時間

主賓として挨拶をしてもらうのか、乾杯の音頭を兼ねてひと言いただくのか、歓談の途中でしてもらうのかなど決めておきましょう。

話のテーマ・余興の内容

「学生時代にあったあのできごとをテーマに」とか具体的に例を提案したほうが、相手もやりやすいでしょう。

ほかの人がすること

余興の内容が重なったり、ひとりだけ浮いたりしないように、ほかの人に頼んでいる内容を伝えておきましょう。

披露宴の形式人数

くだけたパーティと、堅い披露宴でスピーチの内容だって変わってきます。

会場で借りられるもの

余興に必要なもので、会場から借りられるものは何か、持ち込んでもらうものは何か確認しておきましょう。

用意するもの・渡しておくもの

スピーチ依頼のメッセージ

スピーチをお願いする人には口頭で伝えるだけではなくお願いの手紙まで出しましょう。

余興に必要なもの

歌ってもらうカラオケなどは必要に応じて準備しておきましょう。

お礼の方法

お礼

主賓や乾杯の音頭をとってもらう人には、会場と自宅までの距離に応じて5000円もしくは1万円程度のお車代を払いましょう。
そのほかに材料費などがかかったら、それもふたりが負担しましょう。

image10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る