司会の依頼

  • 司会の依頼 はコメントを受け付けていません。
b01becdab0b07f42df33995ad464672d_s

司会の依頼と確認内容

披露宴の形式

人数、顔ぶれ、予定時間、披露宴の趣向(厳粛なムードなのか、くだけたパーティなのか、通常のお約束トークだけでいい普通の雰囲気を希望するのか、一から考えなければならない人前挙式やオリジナルウエディングなのかなど)、演出プランについて伝えましょう。

司会者の人数

ひとりか複数か。複数の場合、相手はどんな人かなど。

披露宴の席

披露宴の席は設けず、司会に専念してもらうのか、披露宴の席について司会をやってもらうかなについて。

当日の集合時間、宴会場の会場係との打合せのタイミング

披露宴の開始時間の1時間から30分くらい前に、披露宴会場内で打合せをするのが一般的です。

進行がずれた場合の対応

時間が押してきた場合、省略してもいいものや短縮してもいいものなどを事前に伝えておきましょう。

当日使うBGM

当日、どのシーンでどの曲を使うのか伝えておきましょう。

祝電について

祝電は当日、司会者に渡されるが、数が多いと全員の分は読めません。
披露宴直前にチェックしましょう。

披露宴終了後、持ち帰るもの

自分たちで持ち込んだものは、持ち帰りましょう。
何を持ち帰るのか司会者に伝えておくようにしましょう。

用意するもの・渡しておくもの

進行表

2週間前までに、誰がいつ何をするのか具体的に書き込んだものを渡しましょう。
スピーチや余興をしてもらう人の名前や会社名にはフリガナも添えておくようにしましょう。

席次表

ゲストの特徴を事前に伝えておくと、当日アドリブをきかせやすいでしょう。

文例集

司会進行のトークをまとめたものです。
司会初心者の人はアドリブがきかないので、台本を自分たちで作って渡しておくとスムーズにいくでしょう。

付箋

紹介する祝電には付箋をつけるなどわかりやすくしておきましょう。

お礼の方法

お礼

大役なので、最低でも現金で一人3万円程度を包みましょう。

そのほか

司会に専念してもらう場合は、ご祝儀を辞退し、披露宴前後に食べてもらえる食事の用意も忘れずにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:りゅうじ
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る